So-net無料ブログ作成
検索選択

四国トラブル?ツーリング2回目_轟九十九滝4 [滝]

鳥返滝。
鳥返し滝.jpg
鍋割滝。
P1030063.jpg
最後の滝。ロープで下に降りてみることに。
ロープを縛るものを探す際、倒れた巨木を触り安定感が無いので却下。安定した木にロープを縛り滝つぼまで降りた直後、先程触った巨木が自分の目の前に落下。正直もうだめだと思いました。1人で来ているので誰かに気が付いてもらえなければ、本当に命に関わると感じました。気をつけねば・・・。しかし、この出来事は今思えばトラブル前の序章だったのかもしれません。
P1030061.jpg
入口にあった看板には全部で7か所の滝が示されていましたが、その中の丸渕滝、大烏小烏滝、三十三才滝は残念ながら見つける事が出来ませんでした。看板にない滝が2つあった事から、本当は全部9つの滝。名前の由来はやはりこれでしょうか?

広島ブログ

四国トラブル?ツーリング2回目_轟九十九滝3 [滝]

轟九十九滝は県立自然公園中部山渓に有り、渓谷の中には残り6つの滝が。当然のように廻る事に。
二重の滝。明るい場所と暗い場所が存在し、撮影が・・・。
P1030048.jpg
横見滝。
P1030050.jpg
舟型滝。
P1030053.jpg

広島ブログ

四国トラブル?ツーリング2回目_轟九十九滝2(42箇所目) [滝]

駐車場からは約5分の道のり。
滝は徳島県海部郡海陽町平井の海部川支流王餘魚谷川に有り、落差は58m。滝は切り裂かれた岩と岩の間に有り、滝つぼが大きく近づく事が出来ないのですが、豊富な水量が造り出す水しぶきは撮影場所である川岸まで到達する迫力のあるものでした。
しかし、残念なのは毎度の事ですが、自分の撮影技術のなさ・・・。
岩と岩の間から注がれる強烈な日差しに、対応できず非常に残念な写真となってしまいました。

P1030039.jpg

広島ブログ
タグ:轟九十九滝

四国トラブル?ツーリング2回目_雨乞いの滝4(41箇所目) [滝]

観音滝から50m。
滝は徳島県名西郡神山町神領の鮎喰川支流高根谷川に有り、雌滝の落差は45m。雨乞いの滝は3段で構成された雌滝と直爆ですが水量が少ない雄滝の2本。
雄滝。
P1030022.jpg
雌滝。
P1030028.jpg
落差は有るものの水量は決して豊富ではなく、水が岩肌を優しく滑り落ちる滝で少し迫力に欠けた印象でした。

広島ブログ
タグ:雨乞いの滝

四国トラブル?ツーリング2回目_雨乞いの滝3 [滝]

3つ目の滝が、もみじ滝。
入口から360m。
P1030016.jpg
4つ目の滝が、観音滝。
入口から590m。
P1030020.jpg

広島ブログ

四国トラブル?ツーリング2回目_雨乞いの滝2 [滝]

入口から雨乞いの滝までは1.1km。この間に、4つの滝があるみたい。
1つ目の滝が、うぐいす滝。
入口から100mの場所にある小さな滝。
P1030011.jpg
2つ目の滝が、不動滝。
入口から260mの場所にある小さな滝ですが直爆でまずまずの水量。
P1030014.jpg

広島ブログ

四国トラブル?ツーリング2回目_大釜の滝2(40箇所目) [滝]

駐車場からは階段を下りて約3分の道のり。
滝は徳島県那賀郡那賀町沢谷の坂州木頭川支流釜ヶ谷川に有り、落差は20m。水量が豊富で滝つぼが深いためか、滝つぼは非常に美しいブルー。
P1030003.jpg
このブルーと巨大な岩で構成された岩肌、滝周辺の緑が創り出した自然の景観は美しく、落差は20mと決して大きな滝では無いのですが、この日の長距離ツーリングの疲れを忘れさせてくれる素晴らしい滝でした。

広島ブログ

四国トラブル?ツーリング2回目_龍王の滝2(39箇所目) [滝]

13時00分に龍王の滝へ到着。駐車場からは約15分の道のり。
滝は吉野川支流紅葉川に有り、落差は20m。落差は小さいのですが水量があったため、中々の迫力。国439から梶ヶ森の標識に従っての市道は決して広い道では無いのですが、数組のお客様がおられました。
P1020974.jpg

広島ブログ
タグ:龍王の滝

白糸の滝(38箇所目-2) [滝]

音止の滝とともに、滝100選に選ばれている、白糸の滝。多くの観光客が訪れる観光滝。非常に美しい滝でしたが、確か進入禁止のロープが設置されており、近くへ行けなかったのが残念。
DSC_0532.jpg

広島ブログ
タグ:白糸の滝

音止の滝(38箇所目-1) [滝]

2013年9月23日のブログで紹介したのですが、2012年11月18日に富士山へスーパーカブ110で横浜から日帰りで行って来ました。この時、滝100選に選ばれている、音止の滝へ行っていたのですが、紹介していませんでした。まさに名前の通り?爆音とともに水が放出される迫力のある滝の記憶が。しかし、この滝、写真撮影するのが難しい滝でした。正面だと写真に民家等が写り込み少し残念な写真に。
音止滝2.jpg
トリミング済み!

広島ブログ