So-net無料ブログ作成

メキシコ出張4_ロサンゼルス空港_移動編 [横浜・メキシコ出張]

荷物を無事受け取り、荷物を載せ替えた後、空港ターミナルを移動。事前に頂いた地図を頼りに空港内をさまよいます。天井にターミナルNoが示されているので、これを頼りに8番ターミナルを目指します。
やはり国際空港は広い。歩いて行けないことはなかったのですが、勇気を振り絞り無料シャトルバスを利用することに。運転手に無料であるかを確認(ドルを持っていないので、有料の場合面倒な事になりそう。)。
社内アナウンスに耳を傾け、No.7、8ターミナル停車場に無事到着。大袈裟な表現のようですが、基本的に英語が話せない自分にとっては、TVで放送されている大人版、初めてのお使いの様な感覚です。
停車場でNo.8ターミナルの看板を探したのですが、見当たりません。仕方がないので係りの人に聞いてみる事に。
「I want go to No.8 terminal.」英語レベルが知れてしまいますが、確かこんな感じで聞いたような気が・・・。何とか通じて、ここでもジェスチャーを交えて「エスカレータで2Fに行き、左に行けだったと思うのですが?」説明してくれたので、無事No.8ターミナル入口に到着。
写真は出国確認後の出国ロビー。
P1020435.jpg

広島ブログ

メキシコ出張3_ロサンゼルス空港_入国編 [横浜・メキシコ出張]

ロスの空港ではメキシコ-レオン空港便に乗換えが必要です。与えられた時間は約3時間半。台湾出張の際は乗換えで謝って入国してしまい、少し面倒な事に。行動には気をつけねば・・・。
ロスの空港では最初に入国手続き。当然のように英語で話しかけてくる入国審査官。ジェスチャーも交えてくれた御蔭で問題なくクリアー。
次は広島で預けた荷物を一度引取り、次の便に自分で載せ替える必要が。日本では当たり前のように航空会社が載せ替えてくれる印象ですが・・・。事前にお客様が広島空港で事前に載せ替え必要の有無を確認するようにと注意してくれたため、問題は無かったのですが、自分たちだけで準備をした場合、荷物をロスに置いて行く事になったかも・・・。
入国審査等に必死であったため、写真が有りません。代わりに、出発ロビー内の店舗等を掲載。
P1020430.jpg

広島ブログ

メキシコ出張2_ロサンゼルス移動 [横浜・メキシコ出張]

メキシコ出張。実際は正直行きたくなかった。何が嫌って、成田からロサンゼルスまで11時間の移動。新婚旅行でもロスまで飛行機だったのですが、エコノミー症候群になるのが理解出来るくらい席が狭く、やることも無く、苦痛でしかなかった記憶が・・・。
しかし、今回その記憶が一新されました。利用した飛行機は恐らくボーイング787。
P1020428.jpg
最新の飛行機だからだと思うのですが、前のシートの後ろには液晶画面が1人1台付いていて、録画されたTV、映画(ビデオ)を視聴することが出来、11時間のフライトをそれほど苦にすることなく過ごすことが出来ました。また、座席も考えていた以上に広く比較的快適でした。飛行機が進化したのか、それとも自分が近年、利用しているスキー長距離バスで鍛えられたのか?飛行機に乗った記憶が古すぎて曖昧なため、残念ながら原因は明確ではありません・・・。

広島ブログ

メキシコ出張1_成田移動 [横浜・メキシコ出張]

日本時間で9月11日から18日まで約1週間のメキシコ出張へ行ってきました。出国は約15年前のアメリカ新婚旅行、約10年前の台湾出張を含め3回目。貴重な体験です。
貴重な体験と記しましたが、今回の飛行機、宿泊の手続きは全てお客様が。自分が普段の出張準備と違う事を行ったのは、シッピングリスト(空路で機材を送るための資料)の作成と、国内出張では必要の無い社内手続きを行ったくらい。
広島-成田間の飛行機。IBEXエアラインズ(ANAとUNITEDの共同運航会社のようです。非常に小さい飛行機でした。)
P1020426.jpg
純粋に移動時間で100分でしたが、羽田便の場合、60分位のような記憶が・・・。しかも、格安チケットだからだと思うのですが、成田では空港に直接横付けではなく、バスを利用して移動・・・。雨の日は面倒です。

広島ブログ

スーパーカブ110_タブレット固定 [バイク]

兵庫・鳥取ツーリング_スーパーカブ110(http://haruka-papa.blog.so-net.ne.jp/2015-08-16)のタイトルで掲載させて頂いたタブレットバイク固定治具ですが、2号機が9月5日に完成しています。
結果的に今年の活躍の場は有りませんでしたが、来年計画している、四国ツーリングと九州ツーリングでは恐らく活躍してくれることでしょう・・・。
問題点①ナビ機能の影響でしょうか。連続使用は約4時間が限界のようです。
問題点②急な雨対策としてフタ付にしたのですが、操作を行うには邪魔でした。
問題点③連続使用が難しい事が判明したため、こまめに電源on・offを行いたいのですが、フタが無い状態でも電源on・offを行いづらい事が発覚。
基本的にフタをなくし、電源on・offを容易にしてみました。この結果、長時間の使用が可能になるかも?
P1020420.jpgP1020001.jpg
問題点④ただの四角い箱だからでしょうか?わざわざ、白色に塗装したにも関わらず、スタイリングが・・・。
材料を家に余っていた木材に変更。裏面は少し曲面に。前よりは少しはスタイリッシュに・・・。
P1020421.jpgP1020057.jpg
P1020423.jpgP1020059.jpg
2号機で心配なのは、耐久性とタブレットが落下しないかどうか?一番重要かも・・・。

広島ブログ

九州秘境?ツーリング_エピローグ [出張・旅行・ショッピング]

14時30分に四十三万滝を出発。県45号、12号を東へ、国212号、387号、10号、213号を北東へ進み竹田港へ。
竹田港でフェリー到着。18時40分。
P1020418.jpg
2泊3日のツーリングは無事終了。今回は行った事のない、鹿児島県に行くことが出来、ツーリング中の景色も素晴らしく、壮大な13ヶ所の滝。中でも、西椎屋の滝、振動の滝、数鹿流ヶ滝はもう一度行ってみたいと思う滝でした。夏の話題なのに季節は既に秋の中旬。今年の滝巡りは、夏に終了してしまいました。今年の夏は短く、寒くなるのが早かったため、腰が重く長距離ツーリングが遠のいた感じです。来年の楽しみにしておきます。

広島ブログ

タグ:竹田港

九州秘境?ツーリング_四十三万滝2(36箇所目) [滝]

菊池渓谷は景色、水ともに美しく、多くの観光客で賑わっていました。渓谷には小さな滝がいくつか有り、その中の一つが四十三万滝となります。
黎明の滝。
P1020384.jpg
?。クリアブルーの水がとても美しい。
P1020387.jpg
四十三万滝。
P1020397.jpg
四十三万滝は、これが滝?と思わせる落差の小さな滝で、正直な所、九州秘境ツーリング最後の滝にしては少し物足りない印象でした。

広島ブログ
タグ:四十三万滝

九州秘境?ツーリング_四十三万滝1 [バイク]

12時50分に数鹿流ヶ滝を出発。国57号を東へ進み、県23号を経由して阿蘇山のミルクロード(県339号)を東へ横断。
県道23号からスーパーカブ110と麓を撮影。水蒸気の影響でしょうか?非常にガスっぽいです。
P1020374.jpg
県45号を北上して、四十三万滝のある菊池渓谷入口へ13時40分に到着。
県道45号沿いでスーパーカブ110。同じような方がいました。
P1020414.jpg

広島ブログ

九州秘境?ツーリング_数鹿流ヶ滝2(35箇所目) [滝]

駐車場から5分で滝見台に到着。滝見台からの見た滝は本当に遠く、残念な印象です。しかし、不思議なことに自分の数鹿流ヶ滝に対する印象は強烈でした。
黒川を落差60mで流れる滝は当に秘境のごとく谷に覆われており、豊富な水量、滝の両側に聳え立つ岩肌、エメラルドグリーンで巨大な美しい滝つぼから構成されていたため、遠望であるにも関わらず、その迫力と美しさで何とか滝つぼに下りてみたいと思う欲望を駆り立てられる忘れる事の出来ない滝となってしまいました。
滝見台より撮影。レンズ42mm側。
P1020356.jpg
阿蘇大橋より撮影。更に遠いです。レンズ14mm側。
P1020369.jpg

広島ブログ
タグ:数鹿流ヶ滝

九州秘境?ツーリング_数鹿流ヶ滝1 [バイク]

10時に栴檀轟の滝を出発して、次の目的地である南阿蘇村近傍の数鹿流ヶ滝へ。県52号、国443号を北上、国57号を東へ。国道沿いにある滝なので直ぐに入口が見つかると考えていたのですが、入口を見つけるのに苦労しました。苦労した原因は滝つぼに下りる歩道を探したため、川沿いの道をうろうろして探した事が原因です。この滝は巨大な滝つぼと深い谷となっているため、滝つぼに下りる事が出来ない滝であることが判明。結局、滝見台の入口は国道57号沿いに有りました。
数鹿流ヶ滝入口でスーパーカブ110。
P1020368.jpg

広島ブログ

九州秘境?ツーリング_栴檀轟の滝2(34箇所目) [滝]

不安ではあるものの、遊歩道を滝に向かって進みます。不安とは裏腹に遊歩道沿いの景色は美しく、比較的容易に滝に到着する事が出来ました。
P1020351.jpg
滝は落差70mの直瀑で、天候にも恵まれたため周辺の緑と岩肌が栄え亘り、人気も無く、まるで楽園を感じさせられる美しい滝でした。
P1020339.jpg

広島ブログ
タグ:栴檀轟の滝

九州秘境?ツーリング_栴檀轟の滝1 [バイク]

8時に鹿目の滝を出発。次の目的地は八代市近傍の栴檀轟の滝。国445号、県52号を北上。県道52号は道も狭く車の通行量も非常に少なく秘境のような道で、正直なところ、この道で合っているのか、熊が出るのではないかと少し不安になりました。9時30分に栴檀轟の滝入口へ到着。
栴檀轟の滝入口でスーパーカブ110。
P1020353.jpg

広島ブログ

九州秘境?ツーリング_鹿目の滝2(33箇所目) [滝]

鹿目の滝は鹿目川にある落差36mの直瀑で、左右にある美しい岩肌(柱状節理)との相乗効果により大自然の素晴らしさを感じる事の出来る魅力的な滝でした。
P1020327.jpg
また、鹿目川の支流には2段滝ですが落差30mの雌滝もあり、2つの滝を楽しむ事が出来ました。(本当は平滝もあったのですが・・・。)
P1020331.jpg
滝は道路から約5分程度、階段を下った場所に有りますが、西椎屋の滝と比べると上りの辛さは半分以下だったと感じました。

広島ブログ
タグ:鹿目の滝

九州秘境?ツーリング_鹿目の滝1 [バイク]

8月10日の最終日は朝5時30分位に出発。netカフェでの宿泊だからでしょうか?疲れが取れないためか、正直、体が重い。集中力が無い。そんな感じの1日でした。国10号、県55号、国268号、221号、219号、県15号を北上。この日の道は霧(雲?)が凄くて、雨でもないのに合羽を着ないとびしょ濡れになるような状態。国道221号から望む雲海。
P1020322.jpg
6時50分に最初の目的地である、鹿目の滝入口へ到着。
鹿目の滝入口でスーパーカブ110。
P1020336.jpg

広島ブログ

九州秘境?ツーリング_龍門滝2(32箇所目) [滝]

龍門滝は網掛川にある落差46m、幅43mの巨大な壁のような滝でした。滝つぼが大きく滝直下に行くことが出来ないのが残念でしたが、壁のように聳え立つ滝の存在感は離れた場所から見ても満足できるものでした。
P1020309.jpg
何とかこの日の目標である5カ所を訪れることができ、ついでに龍門温泉で体を癒すことに。温泉に浸かりながらも龍門滝を堪能した後、姶良加治木のnetカフェで2泊目となりました。
P1020321.jpg

広島ブログ

九州秘境?ツーリング_龍門滝1 [バイク]

16時20分に関之尾の滝を出発。この日の最終目的地である龍門滝へ。市106号、県31号、国223号、県60号、2号、国223号、10号、県55号を経由して到着。龍門滝は鹿児島県にあり、鹿児島県は自分にとって初上陸。大袈裟ですが記念すべき日となりました。龍門滝温泉駐車場でスーパーカブ110。
P1020320.jpg

広島ブログ

九州秘境?ツーリング_関之尾の滝2(31箇所目) [滝]

関之尾の滝は庄内川にある落差18m、幅40mの横幅が大きな滝で駐車場からも近く、原尻の滝と同様に滝を中心に1周出来る歩道が整備されています。歩道を1周歩くことで、関之尾の滝とともに国の天然記念物である関之尾甌穴群の素晴らしさを味わうことが出来る観光地となっており、この日も多くの見物客で賑わっていました。
P1020292.jpg
関之尾の滝はnetで水量が少ない時があると示されていたのですが、この日の滝の水量は非常に豊富であったため落差が小さいにも関わらず、もの凄い怒号で水が流れ落ちその勢いで造られる水飛沫は遠くまで飛んでいたため、逆光の影響と合い重なり写真撮影に苦労しました。その反面、豊富な水のお陰で恐らく普段とは異なる非常に迫力のある関之尾の滝の表情を垣間見たのかもしれません。
P1020293.jpg

広島ブログ
タグ:関之尾の滝